柳の鬘

柳の鬘/やなぎのかずら/やなぎのかづら
晩春
柳鬘
中国では柳の枝が厄よけになると信じられており、これが日本にも伝わって、三月三日に髪にさしたり、桃の枝とともに雛段に飾ったりして、疫病除けのお守りとした。
よめならばみどりにせばや柳髪
貞徳「埋木」
見紛ひぬ柳かつらの額つき
五柳「類題発句集」
肩過ぎてたるる柳の鬘かな
富木「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。