鶏合

とりあわせ/とりあはせ
晩春
闘鶏/鶏の蹴合/勝鶏/負鶏/賭鶏/闘鶏師

鶏を闘わせること。春の季語となっているのは、昔宮中で上巳の日(三月三日)に鶏を闘わせたことに因んでのこと。

時を感じ花に鳴くなり鶏合せ
惟中「三部抄」

勝鶏の抱く手にあまる力かな
太祇「太祇句選後篇」

鶏合目も見えずなりあはれなり
暁台「暁台句集」

米蒔くも罪ぞよ鶏がけふあふぞよ
一茶「七番日記」

にはとりの蹴爪も永き日あしかな
立圃「空つぶて」

コメントは受け付けていません。