竿躑躅

竿躑躅/さおつつじ/さをつつじ
晩春
奠頭花

四月八日、竿の先に樒の枝や躑躅の花を挿し、高く掲げて仏に備えること。

隠家にかくれぬ竿の躑躅かな
金波「類題発句集」

月にぬれ日にさく竿の躑躅かな
菊人「新類題発句集」

風吹て花ふる竿のつヽじかな
正岡子規「寒山落木」

竿つヽじ山ふところの城下かな
高田蝶衣「蝶衣句稿」

コメントは受け付けていません。