鶯袖

鶯袖/うぐいすそで/うぐひすそで
晩春
鶯衣
江戸時代の衣。小さき袖とも、脇をあけた袖ともいわれ、若い女性や子供が着用したとされる。『増山の井』では新年の季語「子の日衣」の傍題として扱われている。

コメントは受け付けていません。