山吹衣

やまぶきごろも
晩春
花山吹/青山吹

襲の色目一つ花山吹襲の衣をいう。表が浅紅、裏が黄で春の衣とされ、若い人に用いられる。

橋守も山吹衣着たりけり
一茶「文化句帖」

コメントは受け付けていません。