小袖納

こそでおさめ/こそでをさめ
晩春
花衣を蔵う

花見に着た小袖をしまうこと。この季語には、桜を惜しみ、春を惜しむ気持ちがこめられている。

小袖納櫃川の桜散にけり
才麿「江戸弁慶」

コメントは受け付けていません。