梅(うめ) 初春

【子季語】
好文木、花の兄、春告草、匂草、風待草、初名草、野梅、梅が香、梅暦、梅の宿、梅の里
【関連季語】
紅梅、冬の梅、青梅
【解説】
梅は早春の寒気の残る中、百花にさきがけて白色五弁の花を開く。「花の兄」「春告草」とも呼ばれ、その気品ある清楚な姿は、古くから桜とともに日本人に愛され、多くの詩歌に詠まれてきた。香気では桜に勝る。 
【来歴】
『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
【文学での言及】
春の雨はいや頻降るに梅の花いまだ咲かなくいと若みかも 大伴家持『万葉集』
春されば先づ咲く宿の梅の花ひとり見つつや春日暮らさむ 山上億良『万葉集』
吾兄子に見せむと念ひし梅の花それとも見えず雪の零れれば 山部赤人『万葉集』
君ならで誰にか見せん梅の花色をも香をも知る人ぞ知る 紀貫之『古今集』
梅の花いみじき壺をつらねたり君と盛らまし若き涙を 与謝野晶子『火の鳥』
【科学的見解】
梅(ウメ)は、サクラ属バラ科の落葉小高木または落葉高木で、中国原産、日本の各地で広く栽培される。若枝は緑色。葉は互生し、長さ五~八センチくらい。倒卵形で先がとがり微毛がある。二~三月、葉に先立って白い花が開く。花弁、萼片は五個、雄しべは多数で花弁より短い。酸味の強い果実は球形で、表面に毛があり、六月ころに熟す。観賞用として公園や庭に植えられるほか、盆栽としても親しまれる。果肉は、梅酒や梅干などにする。ウメは、有用樹種であるため、多数の園芸品種が作出されている。(藤吉正明記)

*

梅若菜鞠子の宿のとろろ汁 
芭蕉 「猿蓑」

山里は万歳遅し梅の花
芭蕉 「瓜畠集」

梅が香にのつと日の出る山路かな
芭蕉 「炭俵」

灰すてて白梅うるむ垣根かな
凡兆 「猿蓑」

しんしんと梅散りかかる庭火かな
荷兮 「あら野」

二もとの梅に遅速を愛すかな
蕪村 「蕪村句集」

うめ折て皺手にかこつかをりかな
蕪村 「蕪村句集」

勇気こそ地の塩なれや梅真白
中村草田男 「来し方行方」

梅も一枝死者の仰臥の正しさよ
石田波郷「惜命」

白梅の中紅梅に近づきぬ
森澄雄 「鯉素」

丈草の庵はいづこ梅の花
長谷川櫂 「蓬莱」

菜を洗ふ水に流れて梅の花
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。