干鱈

ひだら
三春
乾鱈/棒鱈/芋鱈

鱈の身をおろして干したもの。春の季とされるのは、春に多く京へ運ばれたためである。

商人や干鱈かさねるはたりはたり
太祇「太祇句選」

干鱈やくつつじの柴や燃えんとす
几董「井華集」

信楽の茶うりが提げし干鱈かな
暁台「暁台句集」

棒鱈や雲あらざるに何の竜ぞ
常矩「俳諧雑巾」

コメントは受け付けていません。