遅春

ちしゅん
初春
春遅し/春遅遅/遅き春/おそ春

すでに暦の上では春になっているのに、冬のなごりで寒さが残り、春が、なかなかやって来ないこと。南北に長い日本では、春の訪れの遅速が大きく、住んでいる土地により春の感じ方に違いがある。

コメントは受け付けていません。