初朔日

はつついたち
仲春
太郎の朔日/次郎の朔日/迎え朔日

旧暦の二月一日のこと。朔日とは月の最初という意味。昔、小正月(一月十五日)が新年であった名残である。

コメントは受け付けていません。