弥生

やよい/やよひ
晩春
花見月/桜月/花咲月/春惜月/夢見月/姑洗

陰暦三月の異称。草木がいやがうえにもおい茂る「いやおひ」の転。陽暦の三月末から四月末にかけて、うららかな陽気に誘われて桃、桜など沢山の花が咲き鳥が鳴き春たけなわとなる。

終日の雨めづらしき弥生かな
信徳「童子教」

神風の弥生をふかし門の竹
去来「喪の名残」

正月のつき餅ほづす弥生かな
許六「五老文集」

大仏のはしらくぐるも弥生かな
闌更「三傑集」

コメントは受け付けていません。