春の夕

はるのゆうべ/はるのゆふべ
三春
春夕/春薄暮

春の夕暮れ、もの寂しさを感じる秋の夕暮と違い、ゆったりとしてみやびなひととき。

春の夕かのきぬ羽織着たりけり
蕪村「安永五年句稿」

燭の火を燭にうつすや春の夕
蕪村「新五子稿」

橋守の銭かぞへけり春夕
召波「春泥発句集」

海は帆に埋れて春の夕かな
大魯「蘆陰句集」

僕が妻の絹着て帰る春夕べ
几菫「晋明集二稿」

春夕べ襖に手かけ母来給ふ
石田波郷「惜命」

コメントは受け付けていません。