朧月夜

おぼろづきよ
三春
朧夜

おぼろにかすんで見える月夜のこと。春の夜の月はやわらかく艶やかな感じがある。

水風呂に夢見る朧月夜かな
支考「続猿蓑」

夫婦して屠蘇すふ朧月夜かな
蓼太「蓼太句集二篇」

鳴らし行く朧月夜の扉かな
鳳朗「鳳朗発句集」

朧夜や寄り来る波に松の声
綾足「俳仙窟」

朧夜や越路にかへる鏡磨
大江丸「俳懺悔」

おぼろ夜や女盗まん計りごと
正岡子規「子規句集」

詩神とは朧夜に出る化けものか
夏目漱石「漱石全集」

朧夜や垣根の白き牡蠣の殻
寺田寅彦「寺田寅彦全集」

朧夜や百姓の子の笛を吹く
前田普羅「普羅句集」

おぼろ夜かたまりとしてものおもふの
加藤楸邨「吹越」

おぼろ夜の鬼なつかしや大江山
加藤楸邨「怒濤」

コメントは受け付けていません。