田鼠化して鶉と為る

でんそかしてうずらとなる/でんそくわしてうづらとなる
晩春

七十二候のひとつ。清明の第二候、陽暦四月十日~十四日までのあいだ。田鼠はもぐら、うづらはフナシウヅラ。もぐらがうづらになるという実際にはありえないことだが、春になり地中のものが地上に出て活動すると考える事ができる。

鶉かと鼠の味を問てまし
其角「五元集」

飛鶉鼠のむかし忘るゝな
一茶「一茶句帖」

田に老いて鶉顔なる鼠かな
佐々木北涯「俳人北涯」

コメントは受け付けていません。