花の雨

はなのあめ
晩春
花時の雨

桜の咲く頃に降る雨、あるいは咲き満ちる桜の花に降る雨。

紙衣の濡るとも折らん雨の花
芭蕉「笈日記」

花の雨あらそふ内に降出して
桃隣「炭俵」

雲低う雨ふる花の上野かな
羅蘇山人「蘇山人句集」

風に汲む筧も濁り花の雨
杉田久女「杉田久女句集」

遠山は雪まさるべし花の雨
松本たかし「石塊」

釣堀に水輪あふれぬ花の雨
石田波郷「酒中花」

コメントは受け付けていません。