一茶忌

いっさき
仲冬

陰暦十一月十九日。江戸時代後期の俳人、小林一茶(一七六三~一八二八)の忌日。信州の貧農に生まれ、江戸に出て俳諧を修業、その後各地を放浪し、故郷で没した。不遇の生涯であったが、それを諧謔の種にした。生涯二万句を作ったと言われる。代表作に「おらが春」「七番日記」。

俳諧寺一茶忌あなたまかせかな
増田龍雨「龍雨俳句集」

一茶忌の句会すませて楽屋人
中村吉右衛門「ホトトギス雑詠選集」

コメントは受け付けていません。