吹雪

hubuki
ふぶき
晩冬
地吹雪/雪煙/雪浪

強烈な風を伴う降雪。北国の冬の厳しさの象徴であり、自然の猛威の一つ。視界ゼロということも珍しくなく、行き倒れれば死を招く。

ひつかけて行くや雪吹のてしまござ
去来「猿蓑」

むら雲の岩を出づるや雪吹の根
丈草「浮世の北」

畑から家鳩の立つふぶきかな
太祗「句稿」

宿かせと刀投げ出す雪吹かな
蕪村「蕪村句集」

ぬけがけの手綱ひかゆる雪吹かな
召波「春泥句集」

雁高く低く雪吹をめぐるかな
暁台「暁台句集」

降り止めば月あり月を又ふぶき
闌更「三傑集」

灯ちらちら疱瘡小家の雪吹かな
一茶「寛政句帖」

町近く来るや吹雪の鹿一つ
正岡子規「新俳句」

今日も暮るる吹雪の底の大日輪
臼田亜浪「定本亜浪句集」

橇やがて吹雪の渦に吸はれけり
杉田久女「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。