蘆の花

あしのはな
仲秋
蘆原/葭原/葭の花/葭の秋/蘆の秋

水辺に自生する多年草。薄に似ているがより丈が高く、その花は暗紫色で野性味がある。一斉に風になびく様は勇壮。葭も同じ。

蘆の花折りて船出の祓せん
才麿「椎の葉」

乳を出して船漕ぐ海士や蘆の花
北枝「山中集」

蜑の子の肌なつかしや蘆の花
園女「藁人形]

筏士が寝てながるるや蘆の花
涼莵「菊の道」
蘆の華漁翁が宿の煙り飛ぶ
蕪村「夜半叟句集」

日の暮れや蘆の花にて子をまねく
一茶「七番日記」

柴又へ通ふ渡しや蘆の花
正岡子規「子規全集」

コメントは受け付けていません。