冬の蜂

ふゆのはち
三冬
冬蜂/凍蜂

冬季、蜂は体力温存のため、巣の中で仮死状態になって眠っているが、暖かな日には眠りから覚めて、夢うつつで徘徊したりする。動かないことが多く、飛んでもその姿は弱々しい。

冬蜂の死に所なく歩きけり
村上鬼城「定本鬼城句集」

我作る菜に死にてあり冬の蜂
杉田久女「久女句集」

コメントは受け付けていません。