紅葉鮒

もみじぶな/もみぢぶな
晩秋

秋になって鰭や鱗に朱をおびた鮒をいう。おもに琵琶湖で獲れる鮒をいい、鮒鮓もこの頃の味のよい鮒を用いる。

此のたびはぬたに取りあへよ紅葉鮒
重頼「毛吹草」

からしあへやむらごに見ゆるぶな
惟中「俳諧三部抄」

いろこをも伊吹おろしやぶな
鬼貫「武蔵野」

コメントは受け付けていません。