臘八会

ろうはつえ/らふはつゑ
仲冬
臘八/成道会/臘八接心/臘八粥

釈迦が悟りを開いたとされる臘月(十二月)八日に釈迦のひそみに習い修される。悟りを開くことを仏教では成道というので、成道会ともいわれる。

臘八や腹を探れば納豆汁
許六「韻塞」

臘八や痩は仏に似たれども
支考「文星観」

臘八や夜着の中から聞くあらし
浪化「浪化上人句集」

臘八や流るる水も物いはず
千代女「千代尼句集」

臘八や今に迷ひを伝へつつ
闌更「半化坊句集」

臘八や我と同じく骨と皮
一茶「七番日記」

臘八や赤き花さく霜の中
松瀬青々「妻木」

臘八の聴衆まばらや大伽藍
松本たかし「野守」

コメントは受け付けていません。