敷松葉

しきまつば
初冬

庭などに松の枯葉を敷くこと。それによって苔などを霜の害から守る。茶席の庭などは枯の風情を楽しむために敷松葉を施したりする。
松葉敷ける庭の師走の月夜かな
籾山梓月「冬鶯」
かいま見て松葉敷きあり燈籠あり
鈴木花蓑「鈴木花蓑句集」

コメントは受け付けていません。