県祭

あがたまつり
仲夏

宇治市の県神社の例祭。六月六日午前零時、梵天と呼ばれる大幣に神霊が移され御旅所に渡御する。その間、沿道の家々は灯りが消され、暗闇の中を行列が進むことから「くらやみ祭」ともいわれる。男女雑魚寝をして待っていたことから、「種貰い祭」ともいわれた。

針さしに県祭の案内札
松瀬青々「鳥の巣」

コメントは受け付けていません。