初空(はつぞら) 新年

【子季語】
初御空
【解説】
元日の朝の空をいう。新年の初々しい心で見あげる空は、清らかにして荘厳。元日の晴れ渡った空は瑞兆として、雨や雪も豊穣の瑞兆として、それぞれに喜ばれた。

*

はつ空や畑草ふく和の中の比叡
言水 「歳旦三物集」

初空や鳥をのするうしの鞍
嵐雪 「杜撰集」

初空に渡して星のうすひかり
野坂 「菊の道」

初空や鳥はよし野のかたへ行く
千代女 「千代尼句選」

初空や月にもよらずさくらにも
太魯 「蘆陰句集」

初空のはづれの村も寒いげな
一茶 「七番日記」

初空を夜着の袖から見たりけり
一茶 「七番日記」

初空を映す磧や細り水
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。