削掛の甲

削掛の甲/けずりかけのかぶと/けづりかけのかぶと
仲夏
けづり甲
削掛は、柳の枝を薄くそいで茅花状にしたもの。それを甲にかざ
して、端午の節句の飾り物とした。邪気を払うと言われている。

コメントは受け付けていません。