蘭湯

らんとう/らんたう
仲夏

端午の節句に、蘭の葉を浮かべた湯に入ると、邪気がはらわれるという。中国の故事であるが、日本の菖蒲湯につながると考えられている。

蘭湯や女がくるゝ浴巾(ゆてのごひ)
松瀬青々「妻木」

蘭湯や阿房に朝の雲かゝる
島田五空「裘」

蘭湯や衣桁に侍る女あり
渡辺水巴「新派句選」

コメントは受け付けていません。