菖蒲酒

しょうぶざけ/しやうぶざけ
仲夏
あやめ酒/菖蒲の盃

端午の節句に菖蒲の葉を浮かべた酒を酌むこと。菖蒲は邪気を祓うとされ、端午の節句には湯に浮かべたり門口に飾ったりもする。

軒口は菖蒲の酒のたるきかな
信徳「口真似草」

世をままに隣ありきやさうぶ酒
白雄「白雄句集

コメントは受け付けていません。