六日の菖蒲

むいかのあやめ
仲夏
六日のしやうぶ

五日の夜の雨露を受けた菖蒲をいう。五日の夜の雨露は神水とされ、それを受けた菖蒲は特別の効能がある信じれていた。菖蒲湯などにも用いた。また、端午の節句に間に合わなかった、時期遅れの菖蒲という意味合いもある。

コメントは受け付けていません。