薬狩

くすりがり
仲夏
薬の日/薬草摘/薬猟/百草摘/百草取/きそひがり/薬草刈る

端午の節句に摘む薬は特別の効能があるとされた。この日、女は野に出て薬草を摘み、男は鹿を捕らえてその袋角を薬とした。

コメントは受け付けていません。