天師を画く

てんしをえがく/てんしをゑがく
仲夏

邪気をはらうため、道教の張天師(張陵)像を描いて門戸に飾ること。中国の古い時代の習慣。

コメントは受け付けていません。