井守を搗く

いもりをつく/ゐもりをつく
仲夏
井守の印/守宮搗く

中国の宮廷にかかわる端午の日の故事。守宮に赤い砂を与えて飼うと体全体が赤くなる。それを端午の日に搗き殺してその血を、ひとの体に塗る。罪を犯せばその色が消えるというもの。女官たちの淫行を戒めたもので、ゆえに守宮という。日本には井守として伝えられた。
ゐもりつく王の秘メ事窺ひけり
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。