漁夫帰る

ぎょふかえる/ぎよふかへる
仲夏

北海道で鰊漁に従事していた出稼ぎ漁夫が、漁期を終えて故郷(おもに東北地方)へ帰ること。鰊が大量に捕れたころの話である。

コメントは受け付けていません。