聞茶

ききちゃ
晩春
茶の試み/嗅茶/利茶

新茶の出来具合を確かめること。茶葉を嗅いで香りを確かめたり、試飲して風味を確かめたりする。江戸時代には禁裏から裕福な商家に至るまで、新茶を詰めた茶の試みの小壷が配られた。

コメントは受け付けていません。