山椒の皮

さんしょうのかわ/さんせうのかは
初春
からかわ/辛皮煮/山椒の皮剥ぐ

食用とするための山椒の木の皮のこと。江戸時代には、鞍馬あたりの杣人が山椒の木を十センチばかりに切り揃え、大釜で煮て皮をはぎ、それを売り歩いたという。酒と醤油で煮詰めて食す。現在でも「からかわ」という商品名で売られている。
山椒のからく皮はぐ浮世かな
路通「類題発句集」
春の月山椒の皮にむせてけり
白雄「白雄句集」

コメントは受け付けていません。