枸杞飯

くこめし
仲春

枸杞はナス科の落葉低木。その新芽を摘み取ってご飯に炊き込んだもの。滋養のあるたべもので、それを好んで食べた天海和尚は百八歳まで生きたとされる。

枸杞飯か垣に女の歌もなく
尾崎紅葉「紅葉句集」

コメントは受け付けていません。