桃の酒

もものさけ
仲春
桃花酒

桃の花を浸した酒。これを桃の節句に飲めば、百病を除き、顔の色艶がよくなるといわれる。
ぬれつつぞしひてもりこぼす桃の酒
宗因「境海集」

桃の酒も李白は一斗例のごとし
樗良「我庵」

薄赤き顔並びけり桃の酒
正岡子規「寒山落木」

コメントは受け付けていません。