春窮

しゅんきゅう
晩春

冬から春にかけて、前年収穫したものを食べつくし困窮すること。旱や日照不足で前年の収穫が少なかった年は、多くの餓死者が出るほどであった。

コメントは受け付けていません。