菜飯

なめし
三春
菜飯茶屋

青菜(小松菜京菜蕪菜など)を刻んで炊きたてのご飯に混ぜたもの。米に酒や昆布を加えて炊いたり、菜を炒めたり、ゴマなどを用いたりもする。いずれにしても春の緑を愛でる喜びを馳走とする。目川(滋賀県)の菜飯田楽は古くから知られており、当時の茶屋の賑わいぶりが蜀山人の「改元紀行」に記されている。

コメントは受け付けていません。