胡葱

あさつき
仲春
浅葱/糸葱/千本分葱/せんぶき

ユリ科の多年草で各地の山野に自生する。古くから野菜として栽培されてきた。根はらっきょうのような鱗茎をもち、葱に似た細い薄緑色の葉をだす。汁の実を始めとして、青饅、酢味噌和えなどに用いられる。

コメントは受け付けていません。