茗荷竹

みょうがだけ/めうがだけ
晩春

熱帯アジア原産ショウガ科の多年草。香味食料として古くから使用されてきた。晩春萌え出た根元近くの、やわらかい茎を刻んで刺身のツマや汁の実に用いる。えぐみもなくほのかに茗荷の香があり風味が良い。栽培は籾や藁をかぶせて作られる。

さびしさの日かげこもるや茗荷たけ
貞窩「世美冢」

コメントは受け付けていません。