葛饅頭

くずまんじゅう/くずまんぢゆう
三夏
葛桜

水で溶いた葛粉を火にかけて練り、固まったものを広げて漉し餡をつつみ饅頭の形に整える。桜の青葉に乗せたりつつんだりする。半透明の葛と青葉が見た目も涼しい。よく冷して食べる。

葛ざくら濡れ葉に氷残りけり
渡辺水巴「渡辺水巴句集」

コメントは受け付けていません。