歯固

はがため
新年
歯固の餅/火鑚餅

正月行事の一つで延命長寿を願い固いものを食べる風習。すでに「土佐日記」に歯固めの記載がある。歯固めの対象となる食材は餅であったが、副材料として、押アユ、シシ、シカなどの塩蔵品や大根また、かち栗、串柿などの縁起物を用いる。一条関白兼良の『世諺問答』にも「人は歯をもって命とするゆゑ、歯の字をよはいともよむなり」の記述があり古くから歯についての関心が高かったことが伺える。

歯がために二人の翁喰ひにけり
鬼貫「辰歳旦惣寄」

歯固やとは伝ひさして水の恩
言水「初心もと帖」

歯がために杖のへるこそめでたけれ
北枝「北枝発句集」

涎して歯がためなせる童かな
如泉「新類題発句長」

歯固の歯一枚もなかりけり
一茶「八番日記」

コメントは受け付けていません。