喰積

くいつみ/くひつみ
新年
重詰/組重/お手掛・喰積飾/喰継ぎ/お取初

現代ではお正月の御節料理をさしていう場合が多いが、本来は新年の祝饌。三方などに米、餅、昆布、熨斗鮑、ゴマメ、橙、ユズリハなどの種々の縁起物を飾り、年賀客にも供した。これらは地方や家庭により違いがあるが、野の物、山の物、海の物が中心となっている。この祝饌が一方では形式化され蓬莱飾となり、もう一つは一重詰めとなった。

ほつほつと喰摘あらす夫婦かな
嵐雪「玄峰集」

喰ひつみやかがやくばかり精米
羅柳「新類題発句集」

喰ひつみも小隅の春と成りにけり
一茶「文化句帖」

コメントは受け付けていません。