納豆汁

なっとうじる
三冬
なっと汁

雪国、とりわけ山形地方の郷土料理。冬場のたんぱく質を補い、体もあたたまる。つくる家庭により具はことなるが、身近にある野菜と豆腐、油揚げ、コンニャクなどで味噌汁をつくり、擂りつぶした納豆とあわせる。

砧尽きて又の寝覚や納豆汁
其角「東日記」

膳の時はづす遊女や納豆汁
太祇「太祇句集」

朱にめづる根来折敷や納豆汁
蕪村「平安四年句稿」

入道のよよとまゐりぬ納豆汁
蕪村「蕪村句集」

朝霜や室の揚屋の納豆汁
蕪村「蕪村句集」

ひたぶるに旅僧とめけり納豆汁
月居「続明烏」

納豆汁杓子に障る物もなし
石井露月「露月句集」

コメントは受け付けていません。