蕎麦掻

そばがき
三冬
蕎麦掻餅

そば粉に熱湯を注ぎ、すばやくかき混ぜ餅のように練り上げたもの。それをだし汁に浮かべたり、醤油をさしたりして食べる。又水溶きしたそば粉を鍋に入れ火にかけて練る方法もある。いずれも簡単にでき、冬の夜食として好まれた。

江戸店や初蕎麦がきに袴客
一茶「八番日記」

コメントは受け付けていません。