大矢数

おおやかず/おほやかず
初夏
矢数/通し矢/弓の天下/総一

初夏、気候のよいころに行なわれた京都三十三間堂での弓の腕競べ。実際には六十五間ほどの廊下を射通し、その本数を競った。暮れ六つから一昼夜にわたる過酷な弓較べで、江戸時代盛んに行なわれた。

天下矢数二度の大願四千句なり
西鶴「大矢数」

堂形や今ぞさかえん大矢数
才麿「江戸弁慶」

大矢数弓師親子もまゐりたる
蕪村「新花摘」

夕ぐれはあらしと成りぬ大矢数
其調「よさむ」

朝日子をそびらに負うて矢数かな
石井露月「露月句集」

コメントは受け付けていません。