掛鯛下す

かけだいおろす/かけだひおろす
晩夏

陰暦の六月一日の慣習。正月、竈の上に掛けておいた小鯛を、この日羹にして食し、夏場の健康を願った。

コメントは受け付けていません。