白重

しらがさね
初夏
白襲/白衣

表裏ともに白をかさねた色目。陰暦四月一日の更衣より用いる。

硯する傍にうつくし白がさね
嵐雪「桃の実」

白がさねにくき背中に物書かん
蓼太「蓼太句集」

コメントは受け付けていません。