夏頭巾

なつずきん/なつづきん
三夏
麻頭巾

頭巾は冬の季語であるが、人目を凌ぐため夏でも用いることがあった。首筋の日除けとしても重宝。おもに風通しの良い麻が用いられた。

薄柿のにほひもかろし麻頭巾
浪化「浪化発句集」

一宿して立去る君や麻頭巾
石井露月「露月句集」

麻づきん夏の禅に参じけり
島田五空「裘」

コメントは受け付けていません。