汗手貫

あせてぬき
三夏

籐などで編んだ筒状のもの。汗で袖口が汚れるのを防ぎ、衣服が直接が肌に触れないため涼しい。手首に直接装着して用いる。

汗手貫老僧も汗をかヽるヽ歟
青木月斗「時鳥」

コメントは受け付けていません。